そんな使い方も!?日本酒セラー 「SAKE CABINET」のおススメ使い方3つ | sake-cabinet.jp

そんな使い方も!?日本酒セラー 「SAKE CABINET」のおススメ使い方3つ

日本酒セラー

 

これまで日本酒は、作りたて・新鮮な状態で味わうものと言われてきました。飲み頃まで熟成させて楽しむワインとは異なる楽しみ方が一般的でしたが、最近では日本酒の楽しみ方も多様化してきている印象です。日本酒セラー「SAKE CABINET」は、マイナス5℃でお酒が保管できる事から、日本酒を新鮮な状態で保管するだけでなく、多様化するお酒の楽しみ方にあわせた使い方をする事も可能です。

編集部が一番お勧めしたい使い方は、日本酒セラー「SAKE CABINET」を使って色々なお酒を飲み比べする事です。複数種類のお酒と食事を合わせたペアリング等、お店でなければできなかったお酒の飲み方をお家でも楽しむ事が出来ます。もちろん、異なる温度帯で保存できる特性を活かして、日本酒を低温で長期熟成する使い方もおススメです。原酒などしっかりした味わいのお酒を寝かせて、丸みを出したうえで楽しむと、これまで気付かなかった味わいに気付く事が出来るかも。これらに加え、「SAKE CABINET」のユーザーに聞いてみた、ちょっとしたアレンジ活用方法についてもご紹介いたします。

 

 

SAKE CABINETおススメの利用法①:飲み比べ

日本酒飲み比べ

 

お酒を飲む時の悩みは、一度栓を開けてしまうとすぐ飲み切らなきゃいけない、というプレッシャーではないでしょうか。特に一升瓶であればなおさらで、冷蔵庫に入れておいてもすぐ悪くなってしまうので、早く飲み切ろうと同じお酒を飲み続けるしかないという方も多いのではないでしょうか。

日本酒セラー「SAKE CABINET」では、お酒をマイナス5℃で保存する事が出来ることから、冷蔵庫や鮮度の劣化を抑える事が出来ます。一升瓶も縦置きが出来る事もうれしいポイント。空気と接触する面積を小さく抑える事が出来るので、お酒の鮮度を一定程度保つことが出来ます。この特性を活かして、同じ蔵元の本醸造、純米、純米大吟醸を飲み比べる、辛口のお酒はお刺身と合わせたり、しっかりした純米酒でメインディッシュをいただく、あるいは食後にちょっとだけ甘めの日本酒でひと息ついたり。お酒の飲み比べやお料理とのペアリングをする事で、お酒を楽しむ幅が広がるのではないでしょうか。

 

 

SAKE CABINETおススメの利用法②:冷温熟成

日本酒

 

日本酒は鮮度が命、と言われる一方で、一部の愛好家の中でじわじわ広がっているのが、日本酒をワインの様に「熟成」させて飲む楽しみ方です。古くなった日本酒というと、色が紹興酒の様に茶色になってしまっているものを連想する方が多いのではないでしょうか。これらは主に温度や光の影響により起こる変化で、味わいも大きく異なってしまいます。一方で日本酒セラー「SAKE CABINET」を使い、冷温で熟成する事で、これらの色や味の変化を抑える事が出来、お酒は綺麗に円熟味が増した味わいへと変化していきます。

熟成させるお酒や熟成方法により、楽しみ方が異なるのが冷温での熟成の面白みではないでしょうか。例えばこんな楽しみ方が出来ますよ。

  • 味わいのしっかりした原酒を数か月熟成させることで、米の旨みをしっかり残しつつ口当たりを柔らかくして楽しむ
  • 同じブランドのお酒でも、前の年に作られたものを購入後1年間熟成させ、新酒が出たタイミングでヴィンテージ違いの飲み比べをしてみる
  • フレッシュな状態で少し飲んで楽しみ、2週間マイナス5℃で保存し香りが開いた状態で味の違いを楽しむ

温度設定も、マイナス5℃からプラス10℃まで設定を変更できるので、熟成にかかる時間を早めたり、低い温度でじっくり寝かせたり、こだわり方も変えつつ楽しむことが出来ます。

 

 

SAKE CABINET購入ボタン

※SAKE CABINETは、販売代理店である、
INCLUSIVE株式会社が取り扱っております

利用規約はこちらから
特定商取引法に基づく表記はこちらから

 

 

SAKE CABINETおススメの利用法③:裏技でビールやその他お酒も

写真提供:SAKE CABINET ユーザー

 

日本酒セラー「SAKE CABINET」は日本酒を保存するために企画された商品ですが、他の飲み物を保管する事も出来ます。実際にユーザーの皆様から「結構ビールも飲むので、0℃に設定してビールも一緒に冷やして楽しんでいます。飲みかけのワインも、持ちがいいので一緒に保存したりもします」というような声も頂いております。

これから暑くなる日が徐々に増えてきますが、暑い日の冷たいビールは確かにおいしいですよね。ビールが凍る温度はマイナス2~3℃程度と言われていますので、0℃であればビールを冷やす目的での利用は可能ですね。また、お気に入りの酒器も一緒に冷やしておくのも良いでしょう。温度は自由に設定可能ですので、ご自身のオリジナル酒セラーとしてご利用いただくことも、楽しみ方の一つではないでしょうか。

 

日本酒セラー「SAKE CABINET」は、新鮮な日本酒の味を家でも楽しめる環境を提供する事で、日本酒業界を元気にしていきたい、という想いから開発されました。実際に使ってみると日本酒だけではない用途にも使える事から、ワインセラーよりも汎用性の高いアイテムという印象です。ぜひ皆様も、皆様だけの「SAKE CABINET」の使い方を楽しんでみてください。

 

SAKE CABINET購入ボタン

※SAKE CABINETは、販売代理店である、
INCLUSIVE株式会社が取り扱っております

利用規約はこちらから
特定商取引法に基づく表記はこちらから

 

▼10セット限定 飛良泉コラボキャンペーンはこちら!

SAKE CABINET× 飛良泉限定酒3本セット
コラボセット購入ボタン

※飛良泉の限定酒の発送時期につきましては、お申込みいただいた後ご連絡させて頂きます。

 

 

【関連記事】

数量限定:500年続く酒蔵「飛良泉」の限定酒xSAKE CABINET限定コラボパッケージをご紹介します

次世代蔵元の新たなチャレンジ。既成概念を変える酒造りをサポートしてくれる支援者を募集します(前編)

次世代蔵元の新たなチャレンジ。既成概念を変える酒造りをサポートしてくれる支援者を募集します(後編)

 

 

 

 

 

日本酒が好きになるWebメディア 日本酒ラボがオープン!

日本酒が好きになるWebメディア 日本酒ラボがオープン!